保育所

言葉なんて子を捨てる親と保育所のやりとり

ただのたったの二十三歳の終わりの日

 何を語ろうか。何も考えつかない。大きな文をまとめる力がわかない。たぶん睡眠薬とか気分とか気圧とか、いろいろのせいだと思う。いろいろのせいにして、今日をなんとか死にたくても生き延びた。

 もういいや。台風で世界は終わっちまうらしい。こんな文章書くのもやめちまおう。愛や音楽や言葉は何も救わないし、救うほどの力もない。救いたいわけではない。救われたいのだ。子供の頃から、文章を書くのが上手かった。上手かったというより、文体のディテールを察して真似するのがうまかった。将来の夢は小説家でした。今はなんの夢だろう。ミュージシャン?

 ぼくは今までで一番心を許していた人(擬似家族の元ママ)に「たなかが楽しそうにしているのがむかつく。お前のせいで死んでやろうか」みたいなことを言われたことがある。「お前は死んだ方がいい」だったかな。忘れた。そしてその人とは距離を置いた。もういいや。でもずっとぼくが楽しそうにする度にあの人がぼくを見てる気がして怖くなる。許されたいから自傷オーバードーズをして不幸に戻ってきたくなる。だから夢を持ちたくない。叶えようとするということは人が羨むことばかりだろうから。でも、やりたいことはあるんだ。だから脳内のむかつくアマに中指を立ててやる。f:id:freak_tanatra:20191010210956j:image人差し指も立ててしまったな。楽しいから。ごめんなさい。楽しくて、ほくはあなたのせいで死にたい日がよくありますけれど、それでも楽しいです。タトゥーを入れました。可愛いでしょう。

 ぼくと仲良かった人と、また仲悪くなって、もう仲直らないだろうなあ。あきらめた。ぼくが悪いというか、人間性として多分ぼくが仲良かった人に比べて幼すぎる。人を馬鹿すぎてムカつかせてしまうのと同じだ。このブログの熱心な読者でもあったな。今はもう読んでるのかもわからないや。もうこのブログもやめてしまおうか。

 明日は誕生日です。友達が一人祝ってくれます。バーにいきます。なんだか全てが最後のような気分です。ただ二十三が終わるだけなんだけど、なんか自爆スイッチ押して笑ってるやつみたいな気分です。何もしていないのにね。明日池袋のバーに来てくれる人いたら嬉しいです。あとほしい物リストから誕生日ブレゼント買って欲しいです。

 

https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/US7LNR9DU5XA?ref_=wl_share

https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/291J9LTNP04MJ?ref_=wl_share

https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/D6VDOAAGCRYR?ref_=wl_share

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/3F08INNHAJCEV?ref_=wl_share